そよかぜ保育園は2020年度10年目を迎えました。
今までも、そしてこれからも子どもを真ん中に、ご家庭と保育園が車の両輪となって
共に学び合い、共に育ちあい、共に喜び合いながら前に進んでいきたいと願っています。

私たち職員は常に子どもと全力で遊び、少し先を生きる仲間として困った時には一緒に考え、
子どもが必要としている時には傍に寄り添い、適切なフォローができるような関係でありたいと思っています。
もちろん仲間とは言え、先を生きる者として「あんな風になりたい!」と思ってもらえるような「憧れの存在」を目指します。

これが私たちの考える「先生」の姿です。

日々の「くう・ねる・あそぶ」をモットーに、リズム遊びや泥んこ遊びで思いきり身体を動かし、
旬の素材を使った美味しいごはんをたっぷり食べて、気持ちよくぐっすりお昼寝。
このメリハリのある生活リズムが午後からも元気に遊べる原動力になり、意欲溢れる一日を過ごすことに繋がります。
また人との関わりの中で相手を思いやり、自分を大切にする気持ちを育み、
心も身体も健康で生き生きとした毎日を送っていきたいと思います。

困ったことがあったらいつでも声をかけてください。
(困った時だけでなく、嬉しいことがあった時にもぜひ!)

よろしくお願いします。

園長 今宮 理佐