今回は竹ぽっくり作りです。

外遊び用遊具としてはテラスに置いてあるのですが、子どもたちが自分用として”自分で作る”のは今年が初めてでした。

 

< ① 竹を切る >

まずは太い竹を大人と一緒にノコギリで切っていきます。太いのでなかなか切れないのですが、切り終えるまで汗を流しながら一言も話さず集中し、切れた時に「やっと切れた!」と喜びの笑顔。

 

< ② ヤスリ掛け >

切った竹を紙やすりで擦り、トゲトゲを無くしていきます。

 

< ③ 縄編み >

毎年夏の終わりに『縄編み』で自分の”縄跳び”を編むのですが、今回は初挑戦で一色で編んでいく為、お家でお父さん・お母さんと共に挑戦してもらいました。

 

< ④ 完成 >

編んだ縄を通すための穴あけ、足場にダンボールをつけて完成。

 

< 挑戦 >

今まで使っていた外遊び用の”竹ぽっくり”よりも長く、物によっては細いので、けっこう難しいですが、乗りこなせるよう挑戦中です。

 

 

たくさん遊んだら、次は『 竹馬 に挑戦していきますよ!!